あなたが豊かになれない本当の原因 を、知りたくありませんかっ!

あなたは、

自分がその場にいないとビジネスが回らない😂
売上が上がらない😭 収入が入ってこない😱
あなたが今 そのような 悩みをお持ちでも、
#何があっても生き残る覚悟🔥 が在るのなら‥

⏬ ❣ ⏬ ❣ ⏬ ❣ ⏬

アドレス登録は必要ありませんので 此方を
必ず ご確認下さいね🍀 http://goo.gl/pZeA8T

⏫ ❣ ⏫ ❣ ⏫ ❣ ⏫

#使った労力が長期的に残るか
#複利運用必須合理的且つ堅牢
#仕組み化や自動化が出来るか

ビジネスは #土台作りが肝要 ✨🐳✨
#大前提を疑う技術 持ち合わせていますか⁉

「Tomoの紹介」とお伝え下さいね
待ち遠しくなるような明日を創りましょう🍹
お問い合わせはコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/W7mVE6

ブログランキング・にほんブログ村へ

権利収入と労働収入の違いとは?

 

最近注目されている「権利収入」

権利収入とは何なのか?なぜ注目されているのか?当記事ではそんな気になる「権利収入」について徹底的に解説します。

 

権利収入について

一般的に、アパートやマンション等のオーナーに入る家賃収入や、投資、カラオケ等の印税等の収入を権利収入これに対して、バイトや正社員、派遣、パートで得る収入を労働収入といいます。

両者とも収入を得ているので同じように思える方もいるかもしれませんが、まったくちがいます。

主な違いといたしましては、労働収入は働ければお金が増えます。また収入を得るまでの時間がかかりません。働く時間が長いほど収入を得ることができます。

いっぽうで権利収入は自分が現時点で何もしなくても収入を得ることができます。例として、アパートやマンションのオーナーはそこに住む人から家賃として収入を得ています。でもなぜ権利収入が近頃注目されているのでしょうか?理由の1つといましましてはAIと呼ばれる人口知能が発達し、ホテルの受け付けや運転手、さらには配達までロボットがするようになってきているからです。人間だとお金も払わないと行けませんし、いちいち雇用の為に人を集めなければなりません。しかしロボットなら、ロボットを購入する際にお金は入りますが一度払ってしまえばあとはメンテナンス程度のお金で済みます。そして膨大な作業量を短時間で済ませてくれます。言い方が悪いかもしれませんが、人間よりもロボットのほうが効率、生産量ともにすぐれています。したがって今後は人間の雇用がどんどん減少していきますので、労働収入を得るのは難しくなっていきます。

 

次は権利収入と労働収入のメリットとデメリットについて解説します。

 

メリットとデメリット

 

労働収入のメリットとデメリット

 

労働収入のメリット

働ければ働くほどお金が入ってくる、出世すれば給与が上がる、等がメリットとして上げられます。会社員の方は月給、バイトやパート、派遣の方は日給や時給として収入を得ることができ、また残業手当当のボーナスがありますので、仕事に時間をかけるほどとことんお金を稼ぐ事もあります。会社員の方は出世をすればするだけ給与も上がります。

 

労働収入のデメリット

病気で入院してしまった時に収入を得ることができない、リストラをされたら、出世ができない。残業手当が貰えない(ブラック企業)ある程度収入に上限がある等がデメリットとして上げられます。さらには先ほども申しましたが、近年AI(人口知能)の発達により雇用がどんどん減っていき、リストラやクビになるリスクが高まって来ています。

 

労働収入では、働ければ働くほど収入を得ることができますが、時間の制約やロボットの進出化による雇用の減少等が問題点として上げられます。

次は権利収入のメリットとデメリットです。

 

権利収入メリット

収入に上限がなく、時間の制約もないので仕組みを作ってしまえば、旅行に行ったり、好きな事をしていたりしても収入を得ることができます。

もちろんもし、病気にかかってしまっても収入を得ることができます。またインターネットを利用すると、在宅でも稼ぐ事ができます。通勤で交通費等の雑費を節約することも可能です。通勤時間もかかりません。

 

デメリット

仕組みづくりをするのに、時間やお金がたくさんかかります。投資やアパートやマンションのオーナーをするにはある程度の資金がないと始めることすらできません。また、歌手や小説家、Youtuberといった職業はごく一部の限られた方しか生活できるくらいの収入を得ることができませんし、ブログやSNSに広告を乗っけて稼ぐアフィリエイトと呼ばれるものにつきましても更新し続けなければアクセス数を増やすことができません。

 

権利収入を得るには仕組みづくりに膨大な時間と資金が必要となりますが、一度作ってしまうと旅行に行きながら、遊びながら収入を得ることができます。

 

まとめ

権利収入と労働収入どちらにもメリットとデメリットがあります。労働収入は時間を費やせばお金を稼ぐことができ、権利収入では一度仕組みを作ってしまえば、旅行や好きな事をしながら収入を得ることができます。しかし、労働収入は今後、人口知能の発達により雇用が減少します。権利収入は、資金や仕組み作りをしないと安定した仕組みを作ることができません。

当ブログでは、そんな仕組み作りについて主に権利収入について解説していきます。

 

経済的自由がほしいならESBIを理解しよう

時間や場所に制約されない、仕組みからの収入 いわゆる 「権利所得の作り方」 に特化した情報をお伝えしていきます。

あなたが求めているものが、単純に高収入を得たいのであれば 大手外資系の企業で勤めたり、成果報酬型の営業で大きな売上を上げたり、

あるいは、稼ぎやすい分野で企業して稼いだり、具体的なテクニックを学び、長時間仕事に没頭すれば、それを得ること自体はさほど難しくないと思います。

しかし、あなたが、世界中の美しい場所を旅してみたいとか、子供がちいさなうちは仕事ではなく子育てに専念したいとか、あるいは音楽や絵画、読書といった自分が

大好きなことだけしていたい。

というように、お金だけではなく時間の豊かさも求められているのであれば、仕組化を前提にビジネスを初めていかなければ全く違う目的地に向かってしまう可能性が高いと思います。

 

仕組みからの収入を考えていくうえで、非常にわかりやすい例えがあります。

それはキャッシュフローのクワドラントと言うものです。

 

キャッシュフロークワドラント ESBIてなに?

 

 

 

 

 

 

お金を稼ぐ方法を4つの区分に分けた考え方です。

 

左上から順番にESBIという分け方をします。 これらの文字が意味するものですが、

 

  • E=employee (従業員)

  • S=self employee(自営業者)

  • B=business owner(ビジネスオーナー)

  • I=investor(投資家)

 

では ESBIそれぞれの特徴について話していきます。

 

E=employee (従業員)

 

会社に雇われ会社から給料と言う形で収入モデルの人のことです

大手企業や中小企業にかかわらず 会社に雇われて給料を得ている人は

みんなEに属します。

 

S=self employee(自営業者)

個人でレストランを経営されている方や、フリーランスのカメラマン

あるいは弁護士や税理士、個人で何かサービスを提供しているような人は

自営業Sに属します。

 

 

B=business owner(ビジネスオーナー)

 

 

ビジネスオーナーは 実質の経営は他人に託して、収入を得る人たちです。

例えば、ラーメン店や美容院、チェーン展開する飲食店など、特許など

印税を獲得する小説家や漫画家、その他アーティストなどもこのBにあたります。

 

 

I=investor(投資家)

 

 

そして最後に、I=investor(投資家)です

投資家は、債権、株、不動産などに投資をすることで利益をえて稼ぐ人たちです。

 

ESBIの特徴として、EとS左側は現在の労働に対する報酬を得ています。

一方でBとI右側は過去に作った仕組みや権利からの収入を得ています。

 

左側のEとSは労働収入型なので、医者や弁護士、プロ野球選手のような一流プレイヤーになったとしても

働き続けないと収入は止まります。

 

時間の自由を得て理想的な人生をデザインするのであれば、右側の権利所得型の収入を作る必要があります。

そんな事言っても、いきなりオーナーになりましょうとか、投資家になりましょうなんて言っても実感がわかないと

思いますが、

それは規模の問題であって、重要なのは仕組化の視点を今のあなたの仕事に取り入れたり、あるいは初めから

右側の仕事を選べば良いとということです。

先ほどもお話した通り今までは ESBIの右側である、ビジネスオーナーや投資家になろうと思うと、多額の事業投資

余剰資産が必要でした。

EやSで成功した人だけが、その稼いだお金をリスクにさらして、右側に移れる可能性があると言うせかいでしたが

しかし、近年のインターネットの発達のおかげで、お金がなくても独創的なアイデア次第でビジネスオーナーを

実現できるようになりました。

 

 

例えば、ユーチューブなどのサイトから収入を得たり、ネット小説に投稿すれば印税を作ることも可能です。

投資家においても電子商取り引の発達により株や為替の取り引きが個人でも出来るようになりましたし

不動産投資も民泊やレンタルサービスを活用することで、参入のハードルが下がりました。

このようにインターネットを使えば企画次第で初期コストをほとんどかけずに権利所得を作れる時代に

なりました。

ビジネスというのは企画の段階でうまく行くかどうかがほぼ決まります。

緻密に企画されたビジネスを選びさえすれば結果を残すことは決して難しくありません。

一度の人生 自由な時間とお金を得るために どうしたらいいか!

今一度考えてみてはいかがでしょうか。